卓分けルール(蒼月CON Ver)

蒼月CONで使用している卓分けルールです。これも作成したのが2002年。大分古いです。でもまだまだ使えると思います。参考になれば。

卓分けで使用する用紙です。Word2010で作成しています。非常にシンプルなので、改造して使って下さい。→卓分け用紙

卓分けのしおり
2002/11/05 小野哲也

0.まず注意すること
1.希望用紙の回収
2.シャッフル
3.第一希望で振り分ける
4.卓毎の希望人数とキャパシティを比較する
5.第二希望以下で振り分け
6.潰す卓を選定する
7.確定
8.発表

0.まず注意すること
まず卓分けで注意しなければならないことは、「不信感をもたれない事」。こちらに非が無いつもりでも、参加者に不信感を抱かれてしまっては台無しである。後の雰囲気にも支障をきたす。
1.希望用紙の回収
希望用紙を回収する。このとき、見られることに敏感な人もいるので気をつける。
2.シャッフル
きちんとシャッフルし、偏りが大きくなり過ぎないようにする。
3.第一希望で振り分ける
第一希望の卓に希望用紙を振り分ける。
4.卓毎の希望人数とキャパシティを比較する
卓毎の希望人数とそのキャパシティを比較して、キャパシティを大幅にオーバーしている卓、逆に足りない卓を把握する。
5.第二希望以下で振り分け
オーバーしている卓から、足りない卓へ希望用紙を振り分ける。
第二希望でもキャパシティが超える場合には、更に第三希望で振り分けを行う。
6.振り分け
5を行った後でもまだ上手く配分できてない場合には、第二希望で収まってる卓から第三希望へとまわす。
第三希望でもはみ出すような場合はあまり作りたくないのだが、どうしてもと言う場合には、希望に書かれてない卓にまわしても良い。
7.潰す卓を選定する
6を行っても、卓が成立しないような場合には、その卓は潰す。無理に卓を成立させることは無い。希望が無いと言うことはプレゼンテーションで失敗していると言うことだからだ。
8.確定
確定したら、発表する。

Leave a Comment